art space cocoro

art space cocoro

お知らせ

2019年12月18日(水)

cocoro candle night live

12月18日(水)はギタリスト 伊藤史和さん、ボーカリスト 原れいこさんをお迎えしてキャンドルナイトライブを開催します!
クリスマス直前の夜に、しっとりと優しい音楽に身をゆだねてみませんか?

2500円
(ドリンク持ち込み自由)

12/18(水)18:30 Open
19:00 Start
原れいこ(vo)、伊藤史和(gt)

ライブイメージ

アーティスト

伊藤史和(gt)

伊藤 史和 いとう ふみかず
1967年生まれ 三重県桑名市出身、名古屋市在住。
14才の頃ギター始め、精力的にバンド活動を行う。
アン・ミュージック・スクール京都にて3年間ジャズの基本を学び、 卒業後は数々のジャズ演奏の経験を積む。
30代半ばから、ボサノバをきっかけに深くブラジル音楽に傾倒するようなり エレキギターから指弾きによるクラシックギターを使った演奏スタイルに変化していく。
2012年に本場ブラジルにてショーロ音楽の研鑽の旅をする。
癒しと情熱を併せ持つ独自のスタイルにファンも多く、現在も数多くのライブをこなしながら演奏に磨きをかけている。
ギター講師として、後進の育成にも力を注ぐ。

伊藤史和

区切り線

原れいこ(vo)

原 れいこ はら れいこ
岐阜県大垣市生まれ
音楽一家に育ち、6歳からクラシックピアノを学び、9歳で合唱団に入団、10代でロック・ポップスのバンドにヴォーカル、キーボードで参加する
CMレコーディング(伊那スキーリゾート、岐阜県JA、明宝ハムなど約30編)、ボイストレーナー、クラシックピアノ、電子オルガンの講師としても活動
音楽活動を続けるうちポップスからジャズに、その後ブラジル音楽に傾倒していく

2016年
9月ブラジルに渡り、ボサノヴァ、ショーロをはじめとするブラジル音楽の空気を探る旅を敢行。
帰国後、新潟ジャズコンテスト・ヴォーカル部門で銅賞を受賞

2017年1月
ニューヨーク発のwebラジオ番組「sonoridade」 にてファーストアルバムから Senhorinha が放送される
(なお、このアルバムでのギター演奏は今回ライブのギタリスト伊藤史和氏である)
ジャンルにとらわれず声の可能性を追求し続けるシンガー

原れいこ